おでこのしわを消す方法

おでこのしわを消す6つの方法|保湿してもシワが消えない人へ

おでこのしわを消す6つの方法|保湿してもシワが消えない人へ

 

 

おでこのしわ、あると気になりますよね。

 

 

隠すために前髪をつくってるという方も多いのではないでしょうか。

 

 

ところであなたは、おでこのしわを消すために、必死に保湿をがんばっていませんか?

 

 

かつて私もそうでした。でも、おでこのしわを消すのに大事なのは、保湿だけではありません。

 

 

なぜなら、おでこに出来るしわのほとんどは「表情ジワ」だからです。

 

 

「どういうこと?」という声が聞こえてきそうですが、詳しくは↓で解説しております^^

 

 

ここでは、おでこのしわの4大原因と、おでこのしわを消す6つの方法についてまとめてみました。あなたのご参考になれば幸いです!

 

<目次>
☆おでこのしわは何故できる?〜4大原因〜
肌のハリ不足
表情癖
乾燥
紫外線

 

☆普通のしわと違うのは「表情ジワ」だというところ!

 

☆おでこのしわを消す6つの方法
表情癖をなおす
ピーリングで肌にハリを出す
コラーゲンをふやす成分で肌にハリを出す
保湿ケアも忘れずがんばる
紫外線対策もがんばる
サプリ・食事でインナーケア

 

☆それでも消えなかったらプチ整形

 

☆おでこのしわを消す方法:まとめ

 

 

 

おでこのしわは何故できる?〜4大原因〜

 

表情癖

おでこのしわの最大の原因は、「表情の癖」によるものです。

 

“上目遣い”や”眉毛をあげるような表情”などを繰り返しているうちに、その表情の癖が筋肉に「形状記憶」されてしまい、消えなくなるのです。

 

 

肌のハリ不足

肌のハリ・弾力がないことも関係しています。

 

表情の癖によっておでこにしわが寄っても、肌にハリがあるうちはシワの跡は残らないので、その表情をやめればシワは消えます。

 

しかし、肌のハリがなくなってくるとシワが定着してきてしまい、消えなくなってしまうのです。若いうちは良いですが、25歳をすぎて肌のコラーゲンが少なくなることでハリ・弾力が低下するとこのようなことが起こります。

 

 

乾燥

「乾燥」もあなどれません。

 

私たちの肌には「バリア機能」という機能があって、外部の刺激から肌をまもってくれていますが、乾燥することでこのバリア機能が低下すると肌がトラブルを起こしやすくなり、シミやシワ、くすみなどが出来やすくなります。

 

 

紫外線

紫外線も外せない原因です。

 

聞いたことのある方も多いと思いますが、「肌老化の65%は紫外線によるもの」と言われるほどなので、肌への影響は計り知れません。

 

紫外線は「肌のコラーゲンを壊してしまう」ので、ちゃんと対策をしていないと肌のコラーゲンがどんどん減り、ハリ・弾力が失われてしまいます。その結果、おでこのしわが加速してしまうのです。

 

 

 

 

普通のしわと違うのは「表情ジワ」だというところ!

 

 

“シワ”と聞けば、乾燥によるものだと思いがちですが、おでこのしわの場合は「表情ジワ」なので、乾燥が直接的な原因ではありません。

 

 

普通のしわと違うのは、お肌だけでなく、顔の筋肉(表情筋)にも大きな原因があるというところですね。

 

 

これを知らずにひたすら保湿をしていても、おでこのしわは消えません。だって乾燥が直接の原因じゃないんですから。

 

 

 

では、おでこのしわを消すにはどんなケアをすれば良いんでしょうか?

 

 

 

 

おでこのしわを消す6つの方法

 

表情癖をなおす

まず、おでこのしわの原因になっている表情の癖をなおしましょう。

 

自覚がない人は鏡の前で色んな表情をしてセルフチェックしてみたり、身近な人に指摘してもらったりすると良いですね。

 

同じ表情を繰り返すことがシワをつくってしまうので、意地でもなおしましょう!まずはここがスタートラインです。

 

 

 

ピーリングで肌にハリを出す

つぎに、ピーリングで肌にハリを出していきましょう。

 

ピーリングとは「肌の古い角質を取り除くスキンケア」のことで、肌のターンオーバーを促してハリ・弾力を復活させるのに効果的です^^

 

ターンオーバーとは「肌の生まれ変わり」のことをいいますが、年齢を重ねるとターンオーバー(肌が新しく生まれ変わる速度)がだんだん遅くなり、しわやシミが出来やすくなってしまいます。

 

ピーリングなどの角質ケアをすると年齢を重ねて遅くなったターンオーバーを促すことができるので、フレッシュで新しい肌細胞がどんどん生まれるようになる=美肌成分であるコラーゲンやヒアルロン酸などもどんどん新しく作られるようになる=シワが改善しやすくなります^^b

 

 

 

「コラーゲンをふやす成分」で肌にハリを出す

つぎに、今お使いの化粧品を見直してみましょう。

 

突然ですが、化粧品の成分の多くは「水」と「油」です。

 

安いものになると、「水と油に美肌成分をちょびっと加えただけ」という物もたくさんあります。それではおでこのしわは消えませんよね。

 

なので、おでこのしわを本気で消したい人は「成分」にこだわっていきましょう。

 

具体的には、「肌のコラーゲンをふやす成分」が配合されている化粧品がおでこのシワに効果的です。

 

肌のコラーゲンがふえる=ハリ・弾力が復活!=しわが改善しやすくなるからです。

 

レチノールやビタミンC誘導体、ナイアシン、EGF、FGF(成長因子)などが「コラーゲンをふやす成分」になりますので、これらのいずれかが配合された化粧品でおでこをケアしてあげましょう^^

 

ポイントは、「コラーゲン配合」ではなく「コラーゲンをふやす成分配合」のものを使うことです。コラーゲンはおデブ(分子が大きい)なので、お肌の奥まで入っていくことができず、そのため肌の表面を保湿する効果しかないからです。

 

乾燥から肌をまもるにはコラーゲンは有効ですが、コラーゲンそのものが配合された化粧品をつかっても、肌のコラーゲンは増えないんですね。

 

お使いの化粧品に「コラーゲンをふやす成分」が入っているかをチェックしてみましょう。

 

 

 

保湿も忘れずがんばる

保湿ももちろん大切です。

 

かなりざっくり言うと、肌が乾燥すると老化が進んでしまうからです。シワだけでなく毛穴も開いてしまいますし、良い事がありません(>_<)

 

洗顔したらすぐに化粧水をつけて、お肌にうるおいを補給しましょう。

 

コットンをさいて化粧水をたっぷり含ませ、ローションパックするのもおすすめです^^

 

コットンを顔全体に貼ったら上からラップをかけて、お肌にじっくり浸透させましょう。

 

 

 

紫外線対策もがんばる

つぎに、紫外線対策についてです。

 

出かけるときは必ず日焼け止めを塗るようにして、帽子やサングラス、日傘などを活用しましょう。

 

どんなにスキンケアをがんばっても、良い化粧品を使っても、紫外線対策が甘かったら台無しになってしまいますので、おでこのしわを深くしないためにも、何が何でも対策するようにしましょう。

 

 

 

サプリ・食事でインナーケア

最後に、インナーケアについてです。

 

肌は食べたもの、飲んだものでできているので、インナーケアも意識してみましょう。

 

お肌を糖化させるご飯やパン、麺類などの炭水化物は最低限にして、野菜や果物、タンパク質をしっかり摂るようにすると良いですね。(果物は糖質が高いので食べ過ぎはNG)

 

体に本来備わっている「抗酸化力」は年々衰えていくので、これをカバーするために野菜や果物はとくに大事です。野菜や果物には抗酸化物質がたっぷり含まれてるので。

 

体が酸化すると老化が進み、肌も老けてしまうので抗酸化物質をたっぷりチャージしましょう。

 

食事だけで摂りきれないという人は、サプリを活用するのもおすすめです。

 

抗酸化作用が高いのはビタミンCやビタミンE、プラセンタ、コエンザイムQ10、アスタキサンチンなどのサプリですね。

 

おでこのしわに効かせるならプラセンタが1番良いでしょう。お肌にハリを出す効果があるので!

 

 

 

おでこのしわを消す方法:まとめ

 

 

おでのこしわを消す方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたか。

 

 

整形でもしない限り、おでこのしわがある日突然消えることはありません。

 

 

でも、地道なケアでちょっとずつ薄くすることはできます。

 

 

あきらめずに、「絶対キレイにするんだ!」という気持ちで、ここでご紹介したケアをまずは3ヶ月続けてみてください。

 

 

キレイなおでこを手に入れて、色んなヘアスタイルを試したりおしゃれしてお出かけしたり…気持ちが明るくなるように、一緒にがんばりましょう^^b

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ